Action for SDGs

株式会社ロータスコンセプトとSDGsの取り組みについて

持続可能な開発目標(SDGs)とは

SDGs(エスディージーズ:Sustainable Development Goals 持続可能な開発目標)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。

持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人として取り残さない」ことを誓っています。

これら17のゴールは、ミレニアム開発目標(MDGs)の成功を土台としつつ、気候変動や経済的不平等、イノベーション、持続可能な消費、平和と正義などの新たな分野を優先課題として盛り込んでいます。ある目標を達成するためには、別の目標と広く関連づけられる問題にも取り組まねばならないことが多いという点で、すべて相互接続的な形になっています。

Lotus Conceptの取り組みについて

love lotus Bean to Bar チョコレート

農薬・化学肥料不使用のベトナム産カカオ豆を使った石川県初のBean to Bar&Raw チョコレートブランド。
使用しているカカオ豆は児童労働や搾取のないものを選定。
また、そのカカオの皮むき作業は、県内の障害者就労施設に委託している。
パッケージには、石油由来の素材を可能な限り排除した素材を使用し、チョコレートを食べた後も小物入れ等に利用できるようなデザインとなっている。

さらに、商品の売上の一部は児童養護施設の子ども達への木育活動に寄付する等、幅広い取り組みを実施している。

大麦ストロー(Eco friendly straw)

大麦の一大産地である石川県小松市の大麦を使ったストロー。

小松の農家より麦わらを提供いただき、地域・就労支援施設の方々と共に刈取り後の農作業を行っている。
加工も就労支援施設へ依頼。

使用後の大麦ストローは肥料として土にまぜ土に還すことができる。

最先端の科学技術も素材も使わない、『土から生まれて土に還る』昔の知恵を使った懐かしい未来への入口を目指している。家庭では煮沸・乾燥により再利用も可能で、最終的に使用できなくなった場合は肥料として使うほか、部屋のインテリアとしてヒンメリ(北欧の飾り)をつくることもできる。